これまで14年以上もの間、大阪を中心に20,000人以上のスポーツ障害、頭痛、肩こり、腰痛、うつなどの患者さんを診てきて感じること。
それは、からだだけではなく「こころ」も不健康な人が多いということです。「こころ」が不健康になる理由として、いろいろなことが考えられますが、一番の問題は「姿勢」と「食生活」です。
「こころ」が不健康というと、仕事や育児など、コミュニケーションの問題による「ストレス」が原因だと思いがちですが、実はそうではありません。何かにつけて「ストレス」を過剰に感じてしまうのは、あなたの「姿勢」と「食生活」に問題があるのです。

人間は先天性の原因が無い限り、産まれた時は健康です。それが、日々の生活・・つまりは間違った「姿勢」と「食生活」によって徐々に不健康になっていく。これって、とてもモッタイナイし、悲しいことですよね。

「姿勢」と「食生活」からくるからだの不調を改善できる治療院は、なかなかありません。なぜなら、どうしても「筋肉」「骨」「からだの動かし方」ばかりに注意がいってしまい、その問題のもととなる「食生活」「栄養」に関しての知識がなく、学んだことのある治療家が少ないからです。

私は、「姿勢」と「食生活」からくる「ストレス」や「不健康・不調」を改善するために、多くの時間とお金を投資して、整体スクール、栄養学や心理学を学んできました。

もっと見る

総院長 植屋浩幸